2021年4月30日金曜日

【野球部】春季地区予選 結果

 野球部です。


4月25日(日)春の地区予選が行われました。


初戦、酒田西高校と対戦し勝利をおさめ、県大会出場が決定いたしました。


その後は、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い日程が変更となり、1次予選は終了となりました。


詳細は山形県高野連のページからご覧ください。

http://www5e.biglobe.ne.jp/~yg-koren/


また今年度、酒田光陵高校は開校10周年となります。これを機に野球部のユニフォームも一新いたしました。次回のブログにてご紹介いたします。

2021年3月5日金曜日

野球部への入部をお考えの方へ

【野球部紹介】

部員数

2年生20名、1年生11名

出身中学校

酒一中 2人 酒二中 3人 酒三中 9人 酒四中 3人 酒六中 1人

遊佐中 4人 鳥海八幡中 2人 東部中 4人 余目中 2人 藤島中 1人 

グラウンド

旧酒田北高校を使用しております。

野球場1面、サブグラウンド1面、室内練習場、トレーニングルーム完備

詳細は過去の記事をご覧ください。


グラウンド

https://sakatakoryo-baseball.blogspot.com/2020/11/blog-post_13.html

トレーニングルーム

https://sakatakoryo-baseball.blogspot.com/2020/11/blog-post_7.html

室内練習場

https://sakatakoryo-baseball.blogspot.com/2021/02/blog-post.html


監督より

 指導のテーマは、選手の「自立・自律」です。今はどのスポーツでも選手の自主性・主体性を大事にする指導が良いとされています。本校野球部でもその指導方針を基にしています。

 しかし、入学してすぐ自分で練習メニューを考えたりすることは不可能です。知識や経験も少ない状態の自分たちの力だけでは、内容の薄い練習になってしまいます。現在の指導では、指導者は選手に対し最適な練習方法を提供できるように努力し、選手自身もその指導について理解するように努力するという「啐啄同時」の考え方を大事にしています。

 指導者も教員による指導だけでなく、トレーナーや外部ピッチングコーチ(社会人野球コーチ経験あり)による指導もあり、「ピッチャーの球速が20キロ上がる」、「ホームランを打てるようになる(2者連続ホームランという結果が2年続けて見られました)」というように技術の成長には確かなものがあります。しかしこれは、自主的に生徒たちが居残りで練習したり、休日返上で自主練習をしたりするのが当たり前になっている日常が最も大きな要因です。本当に良い雰囲気で野球に取り組んでいると思います。


 ただ、高校での3年間はすべて順調にはいきません。良い時も悪い時もたくさんあります。当然野球部でも結果が出ない、人間関係に悩む、けがで満足にプレーできないという苦しい時期が必ずあります。

 しかしながら、仲間と協力したり、時にはぶつかり合いながら切磋琢磨し続けていくと3年生になるころには本当に立派になります。そうなると自然に野球の結果もついてきます。野球をやろうか迷っている人はぜひ続けてみてください。継続は力なりです。

 また、野球をやるのにもとてもお金がかかる時代になってきました。グラブ一つにも5万円する時代です。だからこそ、お金の大切さ、道具を大切に扱うこと、家族への感謝など改めて学ぶことができる時代だと思います。

 野球ができることに感謝しながら、本当の野球の楽しさを知ってもらえるような、そんな野球部にしていけるよう今後も努めてまいります。


光陵で一緒に野球をやりましょう。


酒田光陵高校 野球部監督

加藤 勇次



野球部についての問い合わせは下記メールアドレスまでお願いいたします。

katouy.qf@sakatakoryo.jp    






 

 

 

 

 

【野球部】卒業生進路先

 3月1日、第9回目の卒業式が行われました。野球部の3年生20名も立派な姿で卒業しました。


未曽有の困難に立ち向かい最後まで誰ひとり欠けることなく野球に取り組んでくれた、特別な世代となりました。


クラスの代表として壇上で卒業証書を受け取った野球部員もおり、大変うれしく感じられました。


今後の人生においても酒田光陵高校での出会いや学びを活かし、次のステージでも活躍してくれることでしょう。




【今年度卒業生の主な進路先】

地元企業

・TDK庄内㈱

・東北電機鉄工㈱ 

・荘内ガス㈱

・東北電化工業㈱

・酒田天然ガス㈱

・ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング㈱

・JA庄内みどり

・㈱みなと

・㈱あいとサービス


県外企業

・東京電力パワーグリッド㈱

・東京パワーテクノロジー㈱

・㈱キャプティ

・尼崎電機㈱

・㈱明電舎

・㈱あさやホテル


進学

・日本大学工学部(野球継続)

・千葉工業大学(野球継続)

・東北文化学園大学

・専修大学

2021年2月5日金曜日

室内練習場リニューアル

 室内練習場がリニューアルされました!


改良点とは、

照明のLED化



 練習の様子


LED工事前の練習の様子(暗い)

LED工事後の練習の様子(明るい)


撮影した角度は違いますが、かなり明るくなっているのがわかります!


 明るさ比較


(写真上before,写真下after)


全体の様子がわかる比較写真がなくてごめんなさい、、、。


ちなみに選手は同じですが、投げ方も良くなってます。


カーテンネットの設置


真ん中にネットを設置しました。打撃練習で大活躍してくれています。



施工

①LED工事・・・3年エネルギー技術科生徒6名・教員(全員電気工事士資格保有)

②ネット工事・・・専門業者


酒田光陵高校の特徴を存分に生かした活動をこれからも続けていきます!


2021年1月15日金曜日

【酒田光陵野球部】成長と飛躍の1年に

2021年、初の投稿となります。
本年もよろしくお願いいたします。

4月からの新年度は、酒田光陵高校創立10年目の節目の年となります。
光陵のメモリアルイヤーに最高の結果を出せるように選手・指導者一同努力をしてまいります。よろしくお願いいたします。







【ここからはオフシーズンの取り組みについての途中経過を報告します】
 昨年10月の1年生大会終了後~12月のテーマを


「体を大きくする」「筋力の増加」


とし3か月間取り組んできました。その結果、、、


選手の体重がチーム平均で4kg以上の増加!

選手自身の意識ももちろんですが、各家庭での食事面のご協力もありこのような結果を得ることができたと思っています。

10月に行った体力測定で出た課題から、1月末までにチーム平均で3kgの体重増を求められいたためその課題はクリアできそうです。


【今後の取り組みについて】
1月~2月のテーマは

「強く速く自由に体を使えるようにする」

選手たちは大きくなった体をまだまだ使いこなせていないので、伸びしろがたっぷりです。


当然ですが、選手の体格には個人差があります。ここで生きてくるのが一人ひとりのデータです。体力測定は選手自身の得意不得意がわかりますが、なぜ得意なのか、なぜ不得意なのかまでははっきりしていませんでした。


以前の記事で紹介したトレーナーによる選手のメディカルチェックによるデータです。
以前の記事はこちらです。





トレーナーには細かくデータを分析してもらい、選手一人ひとりの長所・短所が明確になりました。


これにより、選手たちはやるべきことが明確になり練習の質が向上しています。




自分自身を徹底的に分析する
やるべきことが明確になる
練習の質が上がる
うまくなる
楽しい!!
さらに上を!!!

このサイクルが機能すれば、高校生は劇的に成長します!

最高の一年にするための土台は徐々に出来上がっています。


成長した光陵野球部にぜひご期待ください。







閲覧数が伸びません、、、、
面白い記事を提供できますように努力続けてまいりますのでブックマーク、SNSでの拡散をよろしくお願いいたします。


 

2020年12月28日月曜日

【酒田光陵 野球部】一人一言

 

野球部です。

秋の大会が終わってから、行ってきた取り組みについてご紹介します。



「一人一言メッセージ」



練習が終わるとミーティングが行われます。一般的には先生方がその日の練習についての「締め」の言葉を伝えます。野球部では10月〜12月までにかけて選手が交代で、「チームに伝えたい言葉(四字熟語やことわざなど)」を選んでチームメイトに自分の考え・思いを伝えるという取り組みを行ってきました。

選手自身が大切にしている言葉や、成長のためのキーワード、またチームの現状を見てチームに必要な言葉など多くの言葉をチームに向けて発してくれました。


今回のブログでは、その全てを紹介します。



・辛いことは将来幸せを掴むためにやってくるもの

・フォーカス×集中力

・立志

・率先垂範

・追究

・持ち味を活かせ

・上達を阻むもの『苦手意識』

・自分でちゃんと自分を見ようとする

・継続力

・結果をどう受け止めるかで変わる

・ありがとうの循環

・凡事徹底

Where there's a will, there's a way.(意志あるところに道は開ける)

・できるかできないかではなく自分次第

・一歩後退二歩前進

・感謝

・完全燃焼

・思うは招く

・健康

・自己肯定感

・積極性

・短所を長所にかえる

・七転八起

・心機一転

・良い意味で目立つ

・初志貫徹

・勇往邁進

・弱気は最大の敵

・努力は実を結ぶ

・視野を広くする

・人は人のために生きる



選手の個性、思いを感じることができたとともに、思いを伝えることの大切さや難しさを学ぶことができた取り組みでした。


また年内最後の練習日には選手間で投票を行い、もっとも印象に残った二つのメッセージを選びました。

その結果・・・・・

2位 「ありがとうの循環」


1位 「上達を阻むもの『苦手意識』」

の二つに多くの票が集まりました。

2名の選手は、行動・言動ともに影響力のある選手だったため、こうしたところにも出てくるのかと改めて実感しました。




「言葉の力」

どんな「言葉」に出会うかでその先の人生が変わる場合もあります。生徒たちにはいろんな人の話を聞いたり、本を読んだりする中で「言葉」と運命的な出会いをしてほしいです。






2020年12月18日金曜日

【酒田光陵 野球部】パフォーマンスアップのためのコンディショニング

 野球部です。


今回はマニアックなタイトルで記事を作りました。


本校野球部では、外部コーチとしてトレーナーの方に指導をお願いしております。

高校野球でもウエイトトレーニングは多くのチームで取り入れられており、本校でも以前紹介した設備を使ってトレーニングに励んでいます。しかし、筋力トレーニングと同じくらい、『体を自由に扱うこと』や『怪我の予防』にも力を入れています。


今回は、グラウンドにも雪が積もり、本格的な冬になるタイミングで、選手一人ひとりのコンディションの確認をしていただきました。各部位の可動範囲を数値にして記録しています。





肩、肘周りをはじめ、首や股関節などの可動域についても細かく測定をしていただきました。
測定していくにつれ、硬い箇所がわかり、そのせいでスムーズな動きができていないなど、指導者としても本当に勉強になることが多くありました。選手たちも、課題が明確になり今後の練習の質が向上することでしょう。


このように酒田光陵野球部では、怪我のリスクを抑えながらパフォーマンスの向上にむけた取り組みを行っています。

気温もグッと下がっているので感染症への対策と体調管理にも気をつけなければなりませんね。


いろいろあった2020年を良い形で締めくくれるように、残りの活動に力を入れていきます。

人気の投稿